しな織りとは

しな織とは

シナノキ、オオバボダイジュの木の皮から糸を紡ぎ、布となるしな織は、日本の最古の織物の一つであり、‘原始布’‘古代布’とも言われています。稲作以前、山との共生をしてきた日本人は自然のものから糸をつくり、織り上げ、布にしていました。

日本でシナノキの繊維が人々の生活の場に初めて登場したのは、丈夫な縄としてでした。稲作以降の縄は主に藁で作られますが、それ以前の縄は自生する麻やシナノキなどの野生繊維で作られていました。
また、しな織の丈夫で水に強いという特性は生活必需品として様々に活用され、寝具、穀物入れ、魚網、調味料の漉し袋、ポシェット、半纏など広範囲に生活を支えたのです。

木の皮を剥ぐことから始まる布作りの工程は全て手作業でおこなわれ、約一年をかけて織りあがります。非常に手間ひまのかかる仕事のため各地から消え去り、
今では山形と新潟の県境の3つの村でしか織られていません。

織るということは生きるということ

しな布が織られている関川、雷、山熊田は、いずれも山に囲まれた豪雪地帯で、冬になると雪の影響で陸の孤島になる厳しい環境です。厳しい自然環境で人間は個人では生きることができません。共同作業で、協力することが生活を支えていました。そして、食べ物、家よりも重要だったものが布でした。
「女が何枚布を織れるかが何人生きられるかに繋がる」と言われたほどです。

山里の人々の暮らしは、自然の恵みを神から享受するもので、四季のサイクルが暮らしの礎でした。生活の手段となるものは全て山の恵みであり、神からの預かり物であるという考えが根本にあり、木をすべて切るなど自然を乱すことは決してなく、人間もあくまで自然の一部であるという、自然に対する畏敬の念すら感じます。全てが経験に基づいた目分量や手先の感覚で進められていく。しな織の仕事には、人間の手仕事全般につながるような、大切な何かがあります。

古代からの伝統によって、古代人の思いまでも感じさせるしな織は単なる布ではないのです。現代人にとって、立ち止まり、振り返るきっかけとなるものなのです。

シナノキ

シナノキ属は北半球の温帯地域に30種ほどあります。
シナノキの学名はラテン語でTiliaといい、繊維、布を意味します。
このような点から欧米、ロシア、中国などシナノキが育つ地域ではしな布の利用があったのではないかと考えられます。

古代のゲルマン人やスラブ人はシナノキを神聖視し、特にドイツではシナノキの下で裁判が行われ、しばしば村や町の象徴とされたそうです。
現在でも街路樹として植栽され、シューベルトの歌曲『菩提樹』のテーマとなりました。また、花葉はリラックスティーとして愛飲され、木工品の材料、教会の装飾品や神像の彫刻材としても利用されているそうです。

洋の東西を問わず人間の営みは似かよっており、創意工夫を重ねた到達点は同じなのかもしれません。現在でも人々に親しまれ、利用活用されているシナノキですから、しな布が織られていたという事実があっても不思議ではないでしょう。